富士山の麓で湖畔キャンプ!ゆるキャン第1話の『浩庵キャンプ場』に行った口コミ

山梨

浩庵キャンプ場は本栖湖岬にあるキャンプ場。ゆるキャン△でりんちゃんがソロキャンしていた所でファンには聖地とも言える場所ですね!

7月1日から予約制になりウェブサイトから予約可能です。コロナの影響もあり、システムやルールの変更が順次あるようなので行く前には必ずチェックです。

私が行ったのは2021の3月だったのでまだ先着順でした。平日でしたがチェックイン8時からにもかかわらず7:00に着いた時にはもう20台待ちくらいでした…!予約制になったので少し緩和されたかもしれないですね。

料金は大人(中学生以上)1泊700円、子供(小学生)500円
に加え、

テント1張1泊1100円、タープ1張600円、
テント・タープなし600円+車1台1100円、

キャンピングカー2200円
バイク700円

PM15:00以降のチェックインはそれぞれ100円引き。

休日・祝日・繁忙期などは割増料金になりますのでサイトでチェックしてください。
レイトチェックアウトやデイキャンプもあります。また、キャビンもあり6人用で17,600円、10人用で33,000円です。

我が家は大人2人+小学生以下のこども2人+テント+車1台で3600円でした。人気のキャンプ場で設備もしっかりしていてこの価格は個人的にはコスパ良いと思います!

まず受付で説明を受け、サイトで車が混雑しないよう一旦駐車場に車を止め、サイトを決めてからキャンプ場に入ります。

湖畔の方のキャンプ場内は大体3列に分かれていて私は1番湖側に設営しました。真ん中は傾斜が結構あります。一番後ろの方は傾斜もあまりないですがやはり眺めがイマイチかなと思いました。

「子供が湖に勝手に入りそうで怖い…」「プライベート感がある方が良い」とかだったら一番奥もいいかもしれません。
また、数は少ないですが駐車場側に林間サイトもあります。こちらはよりプライベート感があり、また、トイレに近いのでグループキャンプなどにおすすめです。ちなみにこちらは車は入れません。

ちなみにトイレは水洗トイレで複数ありきれいでした。また、共同炊事場もあります。

残念ながら当日の天気はイマイチ…午前中はほぼ曇りでたまに晴れ間があり風が強めな感じでした。湖は透き通っていてとても綺麗でした。富士山も時々顔を出してくれました。

ちなみにこちら1000円札の富士山と同じなんです。SNSでも1000円札と一緒に撮っている写真をよく見ます。運が良ければ逆さ富士が見えるかも?

夕飯は雨だったのでテント内で食べましたがこれはこれで楽しい。キャンプは色々な楽しみ方があるのが良いですよね。夕飯食べて子供達とゴロゴロしながらiPadで映画観て…いつもとしていることはあまり変わらないはずなのですがそれがテントの中に変わるだけで非日常でなんだかウキウキします。

撤収は大雨の中だったのでかなり大変でしたがびしょびしょになりながらなんとか撤収!

受付にゆるキャン△グッズがたくさんあったのでついついステッカーとステンレスマグカップ購入。キャンプ場自体は本当に最高なのでまた天気が良い日を狙って来たいです。

浩庵キャンプ場前の本栖湖で釣りも!

浩庵キャンプ場の目の前にある本栖湖では釣りも楽しめます。

本栖湖で人気のある釣りの対象魚で代表的なのはヒメマスです。
とても美味しい魚なので釣れたらぜひ召し上がってみてくださいね。

ただ遊漁料金がヒメマスが対象魚の場合高く、3,150円/日もします。
遊漁料金は浩庵の受付で購入できますのでぜひ尋ねてみてください。

他に人気の魚は

・ニジマス
・ブラックバス
・ブラウントラウト

です。これらはルアーで釣るのがおすすめです。

またワカサギも人気ですね。

他にも
コイ・ウナギ・オイカワ・ウグイ
といった魚が釣れます。
ナマズもいるみたいですよ。

ヒメマス以外の魚は遊漁料金は、
前売り 800円/日、現場売り 1,000円/日
で釣りをすることができます。

(小学生以下は無料、中学生・肢体不自由のある方は半額になるようです。)

浩庵キャンプ場に行かれた際には釣りにもチャレンジしてみてくださいね。

浩庵ー本栖湖での宿泊・キャンプ・アウトドアスポーツなら浩庵ー
国内有数の透明度を誇る本栖湖、浩庵キャンプ場はその北岸に位置しています。真正面から富士山を臨むロケーションでのキャンプの他、カヌー(カヤック)、SUP、ウィンドサーフィン、アルティチュードダイビングなど、さまざまなアクティビティーもご用意しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました